カラダアルファにはトランス脂肪酸が含まれているって本当?

 

「カラダアルファには確かにトランス脂肪酸は含まれていません。」

 

 

子供の成長期応援サプリメントとして、今も根強い人気を持っているカラダアルファ。
多くのお母さんから「身長が伸びた!」と現在進行形で口コミが増えています。

 

しかし、そんな口コミの中にこんなものが・・・

 

「カラダアルファにはトランス脂肪酸が含まれているって聞くけど、大丈夫なの?」

 

「トランス脂肪酸」って聞きなれない単語ですよね。
なんとな〜く、名前から悪質な化学物質のような印象を受けます。

 

カラダアルファを試そうとしいている方の目的は、

  • 子供の背を高くしてあげたい
  • 栄養バランスが不安だから補ってあげたい

など様々ですが、共通するのは子供の「健康」を祈っているということですよね。

 

そんなカラダアルファに体に悪影響を及ぼす成分が入っていたとしたら大変です。
そこで当ページでは、カラダアルファとトランス脂肪酸についてお話します。

 

 

 

カラダアルファには確かにトランス脂肪酸が入っていた!

 

調べたところ、カラダアルファの中には、トランス脂肪酸は含まれていませんでした。

 

「じゃあ、なんでそんな噂がでてきたの?実は入ってるんじゃないの?」

 

そう思ってしまいますよね。

 

しかし、結論から言うとカラダアルファにはトランス脂肪酸は含まれておらず、
当然ながら健康への影響はない、ということが分かっています。

 

ではなぜ、トランス脂肪酸が入っているという噂が出たのでしょうか?
その理由は「菜種硬化油(ナタネ硬化油)」にあるようです。

 

 

 

 

菜種硬化油(ナタネ硬化油)にはトランス脂肪酸が含まれている?

 

カラダアルファにトランス脂肪酸が含まれている、というのは
原材料に使われている菜種硬化油(ナタネ硬化油)にありました。

 

菜種硬化油に限らず、油脂(あぶら)の加工過程で多くの場合トランス脂肪酸が発生します。
意外に思われますが、普段の食卓に並んでいるマーガリンやファストブレッドなどにもトランス脂肪酸が含まれています。

 

名前から危険な化学物質、と思われがちですが、ごく普通に食品に含まれている成分なんです。

 

話は戻りますがカラダアルファにはわずかですが賦形剤が使用されており、賦形剤として使われているものの1つが菜種硬化油です。
そのため菜種硬化油にはトランス脂肪酸が含まれているんじゃないか?という疑問から始まったようですね。

 

しかし、菜種硬化油だからといって必ずトランス脂肪酸が含まれているわけではありません。
カラダアルファに使用されている菜種硬化油にはトランス脂肪酸が含まれていないようです。

 

そのため「もしかしたら健康に悪いんじゃないか?」という不安を持っている方も安心して使用できますよ。

 

 

 

 

カラダアルファに危険がない理由とは?

 

トランス脂肪酸に限らず、カラダアルファは子供の健康に役立つことはあっても危険性はありません。

 

その理由は

  • 医薬品と同等レベルの品質管理
  • 多くの方がすでに飲んでいて健康被害がない
  • 口コミにも副作用が出た!といったものがない

というものです。

 

カラダアルファは保存料・着色料がまったく使われていないだけでなく、医薬品と同等レベルの品質管理基準で徹底管理。
さらには放射能テストまで行っている徹底ぶり。

 

また、カラダアルファが発売されてからすでに5年以上が経っており、多くの方が利用していますが、健康被害を訴えた方がいないのも大きな証拠でしょう。

 

もし、本当に体に悪い成分が入っているならば、販売停止になっているだけでなく、悪い口コミであふれていますからね。